スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

この3週間(2)

今日のみゃんた・・・
16102301.jpg
塾長の前に座って、ジトーーー・・・・っと(o^u^o)


16102302.jpg
たまにグインっ・・・と(´∀`*)


16102304.jpg
塾長のビールのアテを、地味にO・NE・DA・RIしてたんでした♪




みゃん太郎さん、ねだっても無理ですよ。
16102303.jpg
そんならよろしい(^ω^)



こんばんは、ミャンシーです。

めちゃくちゃ間が空いてしまい、申し訳ありません。

ご心配してくださってた方々、ありがとうございますm(_ _)m

みゃんた、低空飛行ですが、徐々に食欲が戻ってきて、オヤツをオネダリする程になりました。

そして、今現在、またまた塾長のKOKANでフミフミやってます(^^;

回復しすぎ・・・・(゜∀。)

ということで、前回の続き、調子を崩した次の日からです。




9月30日(金)

ちょっと落ち着いたと思ったら嘔吐き出す、の繰り返しで眠れなかった夜が明けました。

相変わらずゼイゼイ言ってヨダレダラダラのみゃんを連れ、走って病院に行ったら、

やっぱりバリウム検査をすることに。

6時間ほどかけてバリウムの流れを見ると言うんですが、死んじゃうんじゃないかとビビるくらい

苦しそうなのに、そんな悠長なことやってて大丈夫なんか?とハラハラしたけどしょうがない。

預けて仕事に行くことにして一旦帰りました。



そして夕方。

説明では胃の出口と大腸の一部でバリウムの流れが悪くなってるけど、目立った物が見当たらず、

原因がわからないこと、異物があれば、バリウムが潤滑剤になって時間が経てば流れる可能性があること、

前の日からお水もご飯も一切口にしてなくて脱水していることから、入院させて様子を見たいと提案されました。



入院・・・・。なんだかオオゴトになっていく感じ。

胃の出口、なんて聞くと「白い巨塔」を思い出してしまい顔面蒼白になったミャンシー。

こうなったらシンディを丸呑みでもしてくれてた方がよかった(?)のに、わからないなんて・・・



「会えますか?」と聞くと、どうぞと奥に通され、ケージの中で点滴されてるみゃんに会いました。

病院に行く時、ビビってオシッコ漏らしちゃったから、臭くなってて所々毛が固まってる。。。

名前を呼んで撫でても反応しない。。。

みゃん、どうしちゃったの?大丈夫?・・・・・・・・・・・・涙が出てきて困りました。



そういえば9月28日の夜、いつもは寝室で寝ない(シンディがいるから)のに、珍しく布団で寝てた。

そして、一度おおきなゲップをした。変だと思って触ったら何となく縮こまってた気がする。

そのあとは普通に見えたから、大丈夫だと思ったけど、お腹が痛かったのかもしれない。



さらにその前の日、いつもならがっついて残さず食べるモンプチのクリスピーキスを、選って食べてた。

飽きたのかな、と思っただけで気にも留めなかったけど、調子が悪かったのかもしれない。


もっと早く変だと気づけば、こんな苦しい思いしなくて済んだかもしれないのに。

ごめん。ごめんね。



あんまり悲壮な顔すると、「僕の病気、そんなに悪いの?!」と思うらしいから、努めて明るく

みゃんた、がんばってね、明日また来るからね、と言い残し、病院に預けて帰りました。。。



10月1日(土)

お昼頃、面会と状況を聞きに病院へ。

胃で溜まってたバリウムはようやく流れたけど、上行結腸から流れて行かない、

雲古も一切出ていないので、摘便したとのこと。

何かが詰まっているのなら、細い小腸で留まるはずなのに、太い大腸で止まるのがわからない。

胃腸を動かす薬は、危惧していることもあって使ってない、もう少し様子を見ると言うので、

エコーして見るとか、浣腸するとか、何とかならないんですか??と提案するも

何となく乗り気じゃない先生。聞くと浣腸はすごく苦しいんだとか。

そんなら仕方ない。とにかく早く痛いのや苦しいのを何とかしてやって欲しいと頼んで、

その日は帰りました。

相変わらず調子悪そうで反応も鈍いけど、口元に持っていったら少しだけウエットフードを食べたらしく、

昨日よりは少しマシなみゃんたの様子。

頑張ったらすぐに帰れるからね、と励ますことしかできないのが辛かったです。



10月2日(日)

朝になっても動きがないので浣腸に踏み切ったとの事。

ところが、概ね流れたものの、やっぱり途中で残ったバリウム・・・・

エコーしたら(どうせやるんなら早くしてくれりゃいいのに)、胃の出口は特におかしなところがなく、

肝心の大腸は残ってるバリウムが邪魔して見えない。

場所からしたら、消化器系リンパ腫(ミャンシーが一番恐れてたもの)は症例的に少ないそうで

IBD(特発性炎症性腸疾患という病気)も、症状や状態からあまりピンとこない、

もし腫瘍だとしたら腺癌の可能性が高いけど、食欲不振になるのが突発的すぎる事、

嘔吐以外に目立った症状が無いこと、レントゲンや触診から、ないとは言い切れないが、

あるとも言えない、と、なんともハッキリしない説明を受けました。



だけど、みゃんの調子は上向きで、今日は朝から出したご飯を平らげたと言うので、

一度連れて帰って様子を見ましょうということになりました。

29日から自力排便してないから不安は残るけど、家の方が落ち着くだろうし、

とにかく連れて帰れるのが嬉しくて、ランランだったんですが・・・



大好きなスープ系のパウチ、スープを舐めただけで食べなかったけど、くつろいで寝てる姿に

安心してたら、夕方くらいから何となく変な感じがしてきました。

なにが変なのか、イマイチ掴みどころはないのに、なにかおかしいと思い、

こりゃアカン、病院連れて行くわ、と用意してたら、塾長がそんなに変には見えない、

やっとさっき帰ってきたとこなのに、しばらく様子を見たら?と言います。

病院も夜は無人だし、もし調子が悪くなったら、大阪でもどこでも、救急病院に連れて行ったると言うので、

心配しすぎ、過保護にしすぎという自覚もあるし、そう言われればそんな気もしてきて

もう少し様子を見ようと決心し、病院行きは取りやめにしました。

ところが、夜中になって、やっぱり嘔吐が始まりました。

救急に行くかどうか迷いましたが、初めの日からして比較的切羽詰まった感じはしないため、

朝を待って病院に逆戻り。。。





疲れてきたので、またまた次回~~

コメントのお返事、大変遅くなって申し訳ありません!

明日必ずしますので、もう少しお待ちください~~~!!!

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています♪よろしければポチっとお願いしまっす♪♪

いつもありがとうございます(^^♪


スポンサーサイト
2016-10-24 01:10 : みゃん : コメント : 4 :

この3週間(1)

16101601.jpg
ソロソロ歩きで飯場に近づき・・・・・・・・


16101602.jpg
少しためらってから・・・・・・・


16101603.jpg
ガリリっ、ガリっ、ガリっ・・・・


16101604.jpg
今度はシンディのをガリっ、ガリガリ・・・・・



た、食べたぁ・・・・ヽ(;▽;)ノ





こんにちみ、ミャンシーです。

ものすごい長いこと更新しなくってごめんなさいm(_ _)m 

覗きに来てくださってた皆様、ありがとうございます!

この3週間、みゃんの病院にかかりっきりでした。

一時はお別れの時が来たのかも、というほど衰弱し、リンパ腫や腺癌の疑いも浮上しましたが、

昨日あたりから復調の兆しが見えてきてホッとしてます。

ご飯が気に入らないと言ってウロウロし、しきりに訴えに来るみゃんを見ると、幸せ感じます。

まだまだ余談は許されませんし、今日もこれから病院連れて行きますが、

一応落ち着いたんじゃないかと思うので、どんなんだったのか、ご報告を(^^;






9月29日(木)

仕事が終わって家に帰ると、いたるところにゲロ、水ゲロ、つばゲロ、ゲロ、ゲロ・・・・

みゃんは普段からよく吐くので「あちゃ~~~、めっちゃ吐いたなぁ」と思ってたら、

暗い部屋の隅っこでヨダレ垂らして座ってる姿を発見。

ゼイゼイと呼吸音が聞こえ、オエっオエっと間断なくえづき、目はうつろ・・・・

だ、大丈夫?!じゃないよね?!っと、ただならぬ様子に動揺しながら、夜間病院に連れて行きました。




血液検査の結果、軽い脱水以外は、ほぼ正常値。

異物誤飲による腸閉塞を疑われてレントゲン撮影すると、目に見える物は見当たらないものの、

胃腸にガスが溜まっている模様。

流れが悪いからガスが貯まる、どこか塞がってるかもしれないと、バリウム検査を勧められました。

布やビニールなどはレントゲンに映らないらしいですが、ひたすら寝てる10歳オーバーの爺さんにゃんこが

今更おもちゃなんかを飲み込むわけもなく、普段の様子からしても誤飲は考えにくいけど、

治らなければ検査することにして、吐き気止めと痛み止めが入った輸液をして、連れて帰りました。



薬が効いたのか、落ち着いた様子にホッとして寝たんですが、12時を回った頃、

ゲコっ!という大きな嘔吐音に飛び起きると、再びえづき倒してるみゃんが・・・・

その後、一晩中嘔吐いてウロウロ、冷たい床に座りたがってウロウロ。

ヨダレぽたぽた垂らしながら、うずくまる様子に、軽くパニクりました。

どうしてあげることもできないのがもどかしく、洗面所の床でへたり込むみゃんを撫でながら、

早く朝になって病院に駆け込みたいと、焦って焦って焦り倒して夜が明けたのでした。



続きは次回~~(^^;

今からみゃんの病院行ってきまっす!!

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

ランキングに参加しています♪よろしければポチっとお願いしまっす♪♪

いつもありがとうございます(^^♪


2016-10-16 16:51 : みゃん : コメント : 10 :
ホーム

プロフィール

ミャンシー

Author:ミャンシー
このブログを書いているヒト科の生き物です。

出身:関西 特徴:特になし

メンバー1

長男:みゃんみゃん
  
出身:植え込み  特徴:逃げる

メンバー2

長女:シンディ
  
出身:ダンボール  特徴:キレる

メンバー3

次女:文庫
  
出身:路上  特徴:暴れる

メンバー4

新入り:塾長
  
出身:関西  特徴:メタボ

PR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。